子育てと時期

一人の子供に対して、たった一回訪れる子育て。
年齢に従って成長するため、まるで別の子供と対峙しているかのような気にさせられることも多いはず。
一度しか訪れないかけがえのない時期だということを忘れて、育児を放棄してしまう人もいます。
ここでは、子供も親も楽しく過ごせる発育に合わせた子育てについてお話しましょう。


大人になると忘れてしまいがちですが、子供のうちの体験は何もかもが新鮮。
その上まだまだ保護されてこそ生活できる身の上ですから、生きていくうえで何かと制限があります。
面倒を見てもらえて幸せと思うかもしれませんが、子供にも不自由な面はあるのです。
それを成長時期によって見分けながら、子育てしていく義務が親にはあります。
といっても、育児の義務だとガチガチに神経質になる必要はありません。
親にとっても毎日の子育てが新鮮、そんな風に思えれば子供と一緒にいる時間がより楽しくなるでしょう。


ノイローゼのようにならずに子育てをする秘訣は、育児日記をつけて子供の成長を客観的に見つめてみること。
今なら、ブログで育児日記をアップしてみるのもおすすめです。
応援コメントが寄せられるようになれば、この世でたった一人自分だけが苦労しているわけではないと思えるでしょう。
他のお母さんのブログを見ているだけで、みんな大変な思いもしている中で大事な時間を育んでいるのだと気付きます。
自然と気持ちにゆとりが出てきて、親子で笑顔の毎日を送れるようになります。

Copyright © 2014 小学校までの子育て All Rights Reserved.